人から好かれる為には絶対に身につけておきたい大三原則とは?

 

起業やビジネスをしていくにあたって人から好かれる事は非常に重要な事だとあなたもご存知でしょう。

今回は人から好かれる為には絶対に知っておきたい大三原則の授業をしていきたいと思います!

今からお話する事が無意識にできるようになればあなたも他のビジネスマンとは一味違う特別な存在になれることまちがい無しです!^^

では、早速授業に入って行きたいと思います!

人から好かれるってなかなか簡単な事ではないですよね。

でも経営者の方やセミナー講師や自分にとって重要な人から好かれるという事は自分のビジネスを飛躍的にものにする為には絶対に必要だと思います。

では大三原則とは一体何か?

一つずつ紹介していきたいと思います!

 

笑顔を忘れるな!常に笑顔でいろ!

という事になります。

これは以外にできていない人が多いです。

確かに経営者の方や自分より目上の方が目の前にいると緊張して、顔がこわばってしまいなかなか笑顔が作れないかったりします。

でもこれには解決策があります。

それは四六時中、常に笑顔を意識して生活しよう!という事です。

でも一つ気をつけて欲しい事があります。

電車の中や町を歩いている時にずーっと笑顔でいろって訳ではないです(笑)

周りの人から不審な人物だと思われてしまいますからね。

そうではなくて友達、取引先の人、近所の人、コンビニの店員さんと会話した時など人と話す際は笑顔を意識してみてください!

そのうち意識しなくても笑顔でいられる自分になれます!

この意識作りは僕自身体験済みです!

この方法は自身を持ってあなたへオススメします!

まだなかなか笑顔を作るのが難しい、という方は正直に言ってしまいましょう!

緊張してしまってすみません。最近笑顔の練習しているのですが、なかなか難しくて。』といえば相手も笑ったりフォローしてくれるはずです♪

 

相手の身につけている物を覚えろ!

これはどういう事かと言いますと、相手のつけているネクタイの色や柄、他にペン、パソコン、ノートなど覚えておきましょう!という事になります!

なぜ覚える必要があるのか?

それは次にお会いした際に話のネタになるからです。

例えばですが、あなたが相手の青でシマシマのネクタイの柄を覚えているとしましょう。

お久しぶりです。〜〜さんって本当にお洒落ですよね。先日お会いした際のネクタイも青のシマシマ模様ですごくお洒落だな。とジーっと見てしまいました!(笑)

このように話すと相手は『こいつなかなか俺の事を見ているな!』と思う訳です!

こう話をするだけで印象には絶対に残るはずです。

相手は経営者ですが、自分と同じ人間です。お洒落に気をつかっている事を他人から褒められると嬉しいものです。

話しのネタだけでなく、印象にも残るのですからこの手を使わない訳にはいかないですね!

ポイントとしては相手が気にっている物を覚えておきたいですね!

明らかに自分の子供からもらっただろうストラップや奥さんからもらっただでろうハンカチなど。

 

偽りのない心で感謝を伝えろ!

経営者の方やセミナー講師の方々は自分よりはるかに沢山知恵や役立つ情報を持っています。

今の自分には必要ない情報だな。と思っても心の底から感謝の気持ちを伝えていきたいですね!

経営者の方や講師の方は忙しい時間を削ってあなたと話してくれているのですから、心の底から褒めたり感謝をしましょう。

褒められたり感謝されると人間誰だって嬉しいものです。

こんなに喜んでくれるんだな。』と思ってもらう事が大事ですね。

ポイントとしては、今日は〜〜さんの貴重なお話を聞けて大変為になりました!またお話聞かせてくれますか?と質問してみてください。

自分は必要とされているんだな。』と承認欲求を刺激していく事が非常に大事です。

人は感情を刺激されるとその時の出来事や会った人物をよく覚えているものなのです。

今回紹介した3つの事を意識して身につけてしまえばあなたは他の人とは違う一目置かれるような存在になれるはずです。

起業やビジネスをしていくにあたって人から好かれる事はかなり重要になってきます。

ネット時代だからこそ人間力を身につけて行きたいですね!^^

 

最後にまとめ!

どんな時も笑顔を心がける!

相手の身につけている物を覚える!

偽りのない本当の心で相手に感謝する!

今回の授業はここまで!

ありがとうございました!^^

とりあえず個人で稼げるようになる為のビジネススキルや知識を完全に無料で身につけてみたい人だけ下記の画像を今すぐクリック!

 

 

熱血野郎なおとのオススメな授業!

・学校では教えてくれない個人で生きていくための授業

・あなたはSNSの間違った使い方をしていませんか?

・本の内容を忘れない為の読書法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です